スキャルピング手法でのトレードを専門に行う、ますいたかしが継続して利益を上げているノウハウを講座形式で公開!


<第8回><目次へ戻る><第10回>





今回は取引に必須となるコンピューターなどの取引環境について書いてみます。

最近はPCの値段も激安になったので個人レベルでもかなり
ハイパフォーマンスな環境を用意することが可能となりましたね。

私は個人的にですが、FXの裁量手法で勝ちを目指すのであればそれなりの
設備投資を行うべきだと思います。

と言いますか、

FXの知識が増えてくるにつれてハイスペックでないと無理がある
ことに気づいてくるものです。

以下に例を上げて見ます。

裁量トレードで短期足しか見ないでトレードは無理でしょう。
(出来る方がいればすいません)

為替は色々な情報が天秤にかけられ明るい情報へ傾く為
同時にチャートも見たい、他の情報も見たいと思うようになってきます。

そうなればマルチモニター化は必須ですし、それを動かす為の
はいスペックなコンピューターと必然的にあなの要求するレベルは
上がっていきます。

プロはそこに何千万、何億と設備投資を行っているのです。
えー本当に億もするの?と思うでしょう。

答えは「はいします。」です。

彼らは、億単位のトレードをしているので「絶対止まらないシステム」
を使用しているのでコストがとても高いのです。

まあ、それ以上に稼いでいるので成り立っているのでしょうけど。(笑;

もし、あなたが自宅のノートパソコン一台で頑張っているのであれば
スタートラインにたっているかすら不安になってしまいますよね。

これは、取引に使用するコンピューターに限った話ではありません。

 ・回線障害時の回線冗長化
  ⇒急に契約しているインターネットが停止したらどうしますか?
   一般家庭のインターネットだつたらありえますよね。
   あとから、プロバイダーからすいませんでしたで終わりです。
   
   しかし、プロになると回線は最低2重化、そして帯域保証や
   通信の遅延率、1次回線事業者から直接回線を借りるなど
   パフォーマンスを上げる為にあらゆる事をやつているのです。

 ・取引環境障害時のマシンの冗長化など
  ⇒急にパソコンが壊れたらどうしますか?
   これも上記と同じです。業務用システムレベルになると
   24H稼動は必須ですのでシステムを止めない為の色々な
   テクノロジーがある訳です。

こんな話をされても、個人で買える訳がないので出来る限りの事は
やりましょうと言うことです。

設備としてバックアップ環境を準備しておく保険の様なものを用意
しておいた方がいいですよと言うお話です。

余裕があればこの様な細部にも目を向けてトレードを楽しんで行きたい
ものです。

私のこだわっているところを少しお話すると、チャートを表示する
複数画面とオーダー用のマシンは分けていますね。

これは、チャートの表示マシンはインディケーターの計算による
負荷が常に掛かっていますので、オーダーは別のコンピューターで行う
事により負荷を軽減して回避しています。

取引環境ネタは色々ありキリが無いので今回はこれでおしまいですが
一度ご自分の取引環境も見直してみれば如何でしょうか?

また、気づいたことがあれば掲載します。

【私の取引環境】

スキャルピングでは取引環境は勝ち抜く為にとても需要な要素の一つです。




<第8回><目次へ戻る><第10回>
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret


<免責事項、投資に係るリスクについて>

外国為替の投資はリスクを伴い、投資元本に損失を与える場合があります。為替の場合、平日24時間取引が行われている為、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しない為、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトで紹介する情報は、利益を保証するものではありません。ご紹介する情報を利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、「すきゃる工房」を初め情報を提供した第三者は一切の責任を負いません。ご利用に関する自己責任またはリスクに関して十分にご理解頂いた上でお取引をお願い致します。

Copyright (C) 2011-2013 「すきゃる工房」All Rights Reserved.